ブランド紹介(ブルーアンバーについて)

ブルーアンバーの概要

マメ科のヒメナエアという広葉樹の樹脂が、何千万年という長い年月の間に硬化した、樹脂の化石。

熱に弱く、約250〜300度で芳香を放ちながら溶解します。 主な原産地は、ドミニカ共和国・メキシコ他中米・中南米・東欧諸国。

石言葉

イメージ

静かに燃える心

ブルーアンバーの特性

硬度:2〜2.5

比重:1.05〜1.096

成分:基本的に C10H16O + H2S

色:金色、薄茶金色、薄緑色 など

カリブの三大宝石

イメージ

コンクパール、ラリマーと並んで、カリブの三大宝石と呼ばれています。「鉱物」ではなくて「有機物」で、植物の樹脂が固まったものです。通常の白熱灯の下では黄褐色をしているのですが、ひとたび太陽光線や紫外線、ブラックライトを浴びると様相は一転し、幻想的な青色を帯びます。その青色にも薄いもの、濃いもの、緑色っぽいもの、と様々な色合いがあるようです。

 

通常の状態でも、黒い服や布の上では青く発光しているのがわかります。通常の琥珀のうち、数%の割合で産出される、幻の琥珀です。産出量も少ないため、かなり高額に取引されているのが現状です。

(右の画像にマウスカーソルを合わせると、紫外線下の画像に変わります。→)

偽モノブルーアンバー?

このブルーアンバーも、かつては偽モノが横行した時期がありました。約3000万年前、ドロっとした樹液がそのままクリアなままで、またあるときは一部に当時の植物の種子や葉を、あるときは昆虫類を巻き込みながら樹脂化しました。高額なだけに、人工的に偽モノブルーアンバーが大量に生産されたことがあります。原産国のドミニカ国内において加工され、それが特産品として街で販売されていたそうです。プラスチックに虫を入れて加工するという、とても粗悪なものでしたが、観光客は見分けがつかず、かくして偽モノが横行することになります。
今では厳しく管理されているそうで、そこまでの粗悪品を目にすることはあまりありません。また、粉々になったアンバーを固めて、別のアンバーとして作成されるものもあります。これは比較的多く市場に出回っているようです。

フル―ブルー(Fleur * Bleue)のブルーアンバー

イメージ

生産地からの直輸入による、本物の良質なブルーアンバーだけを取り扱っています。ルースも含めて全て当店負担で、鑑別書をお付けしております。品質には自信を持っておりますが、実は現地でも、「青色発光」の強いものが、なかなか手に入らないのが現状で、かなりの品薄となっています。

一年に何度かしか手に入らない貴重なものです。当店でご購入のお客様には、ぜひとも幻想的な青色蛍光色をご堪能いただきたく、「ミニブラックライト(キーホルダー)」をお付けしております。

パワーストーンとしてのブルーアンバー

イメージ

文献によると、体の部位別パワーストーンの効果として、「アンバー」は甲状腺とかかわりがあるようです。甲状腺は大切なホルモンに関する場所ですね、甲状腺の病気は女性が多くかかるそうです。そういえばラリマーもホルモンに関係する石だとか。女性にはとてもうれしい効果がありそうです。

 

マニアなほど人気が高いブルーアンバー。当初はラリマーを欲しいといわれていたのに、ブルーアンバーを手にとられた瞬間、もう手放せなくなった、といわれる方が大勢いらっしゃいます。皆さんにお聞きしてみますと、のど、首関係が不調のことが多い、とのこと。どんな石が有益なのか、体はよく知っているのかもわかりませんね。

 

また、ブルーアンバーは、第六感に作用するといわれています。直観力が磨かれ、進む道がスムーズになるでしょう。

 

当店のブルーアンバーを手にした多くの方々が、「あ、呼吸している」と言われます。石ではなく、有機物ですから、呼吸が感じられるのもなんとなくわかるような気がします。自分の中の邪を大きく吐き出し、清さを大きく吸う・・・・。ブルーアンバーを身に付けると、心身の深呼吸のサイクルが大きくなるのかもわかりません。