ラリマーのナチュラルな魅力を楽しんでいただけます。
原石ならではの自然な風合いがお好きな方へ

愛と世界平和を象徴する石(正式名:ブルーペクトライト)。
涼やかな深い水色は、太陽きらめく海の色とも、永遠にどこまでも続く空の色とも伝えられます。愛と平和の理想世界を築いていたという、幻のアトランティス大陸。その記憶を持ち、その「時」が来たら、その「人」の元に行く、柔らかでそれでいて力強い意思を持つ石といわれています。原産地は、ドミニカ共和国。

バナーを押していただくとショップサイトに移動いたします


ラリマーの石言葉

イメージ
愛と平和
ラリマーの特性
硬度:4.5~5
比重:2.74~2.88
成分:NaCa2 [Si3O8OH]
色:白色、灰色、青色、緑青、濃い水色等
世界三大ヒーリングストーン

イメージ

1974年に発見された、非常に新しい鉱物です。発見者はドミニカ人の宝石商ミジェール・メンデス。妻は日本人で娘の名前がラリッサといいます。現地では「ラリマール」と呼ばれますが、これは、彼女の「ラリッサ」と、スペイン語で海を意味する「マール」を合わせて名づけられたものです。

チャロアイト、スギライトと並んで、世界三大ヒーリングストーンと言われています。チャロアイト、スギライト共に安価な石ではありませんが、その中においても、希少性を加味したラリマーの価格は、年々高騰しています。
アトランティスストーン
ほとんど白色に近いものから、青色、緑身を帯びた青、ピンク色、ターコイズのようなくっきりと濃い水色など、さまざまな色合いがあります。Fleur*Bleueのラリマーは全てドミニカ共和国産出のものですが、ラリマーは別名、ドミニカ共和国が失われた大陸「アトランティス」の一部であるという言い伝えられています。

プロジェクト公開中!

ショップバナー

新着情報:フルーブルー

森の香人:新着情報

PAGE TOP